welcome to my blog
30   8月
Filed Under (住宅) by クロリン on 30-08-2014

自然素材で造る家は住み心地がいいのだろうな~と以前はただ漠然と思っていました。
友人達が住宅を購入し、我が家もそろそろマイホームを手に入れたいと強く思うようになりました。
住宅について情報収集をしていると自然素材で造られる家の魅力に私は釘付けになったのです。自然素材は工場で加工された生産品とは違い生きた素材なのです。それだけに経年年数が経っても色あせることなく、その時々で色合いを変化させ味わい深さを表現してくれます。

最近気になるハウスシック症候群ですが、健康に健やかに生活を送るためにはハウスシック症候群を引き起こすことのない住宅でなければいけません。そのためにも自然素材を使用した家造りが最高の住宅になるのではないでしょうか。
快適さや居心地の良さを高めたいならばまずは家族みんなが健康で過ごせる家であるべきなのです。無垢の木を使用した床は肌触りが非常にいいと聞きます。冬場ヒヤッとした感触がないと言うのです。寒がりな私はこれを聞いて大変魅力を感じました。感触の良さだけではなく、機能性にも優れているのです。湿気の多い梅雨時期などは湿気を吸収してくれ、冬場の乾燥した時期には水分を放出してくれるのです。このような機能を持ち合わせているので室内を常に快適な湿度に保ってくれるのです。

自然素材を使用することで健康で快適に暮らせることはもちろん、長く住み続けられる家にもなるのです。
マイホームは一生に一度の大きな買い物です。長期に渡り住み継がれる家であってほしいと多くの人が望むと思います。健康で耐久性に優れた家を手に入れたいです。