welcome to my blog
23   5月
Filed Under (リフォーム, 住宅) by クロリン on 23-05-2010

懇意にしている不動産屋さんから紹介されたお客様のお家に行ってきました。
お客様のお住まいは以前不動産屋さんが仲介した中古住宅の売買物件で、築30年近くになると思います。
依頼された修理内容は雨漏りです。
雨漏りの修理については梅雨時期とかの強い雨が降りつづく時や台風の後とかが相談や依頼の件数が非常に多いのですが、今回はそんなに雨が続いたわけではないんですが。
築30年近くともなるとあちらこちらに劣化が現れるのは当然の話なんですが、まぁ行ってみると見事に窓周りから雨漏りしてましたわ。
昔の家は壁の内側にサッシが付いていて、外壁はモルタルが塗られています。
地震などで家の構造が歪んでしまった時にサッシなどの周辺でひび割れが置きます。
そこから雨が漏れてくるというわけです。
今回もその症状でした。とりあえず窓周りにコーキングすることで雨漏りは止まりますがコーキングも永久的なものではなく、
切れたりすることがあるので定期的なメンテナンスは必要になります。
新築や築年数の浅い中古物件でも時がたつにつれて外壁のコーキングが切れてしまいますので、
新築を建ててもらった工務店のアフターサービスやリフォーム業社にみてもらった方が良いと思います。
お客様にも安心していただき、不動産屋さんからもお礼を言われよかったのですが、
更によかったのはお客様からそのうちキッチン周りのリフォームの依頼をしていただけるとのことです。
一つ一つの依頼を依頼を丁寧にすることでリピートの仕事をいただけるようにがんばっていきたいものです。



13   1月
Filed Under (リフォーム, 不動産, 住宅) by クロリン on 13-01-2010
以前世間を騒がせた訪問販売ですが、現在もそのダメージはリフォーム会社に影響を与えているような状況です。
私もリフォーム工事の傍ら飛び込みでの営業をさせていただいているのですが以前のダメージの影響を今でも感じることがあります。
確かに飛び込みの営業は嫌がられることが多いのですが、リフォームと聞くとなおさら拒絶反応を示される方が多いように感じます。
以前、ニュースでは報道された悪徳業者の訪問販売に関してはみなさんもご存じだと思いますが、
リフォーム業者の私でも酷い状況に引いてしまいました。と、同時に怒りがこみ上げてきました。
訪問販売の全てがニュースなどの報道で取り上げられたような悪徳業者ではありません。それだけはご理解いただきたいと思います。
しかし未だにニュースや報道で取り上げられることは少なくなったとは言え、悪徳業者による訪問販売は後を絶ちません。
悪徳業者による飛び込みの訪問販売で多いのは屋根、外壁、シロアリの床下ということで回ってくるが圧倒的に多いようですが、必ず無料で点検に回っていることを主張することが多いようです。
軽い気持ちで家にあげてしまったり、床下を見せたりするのは非常に危険なので断るようにしましょう。
もし仮に悪徳業者に入りこまれ契約してしまった場合でも消費者生活センターに相談することや、クーリングオフ期間内に契約するなど打つ手はあります。
僕も飛び込み営業をすることがあるのでこうしてシャットアウトすることを勧めるのは少し痛手なんですが、もし仮にリフォームを考えるのならば地元の工務店に相談するのが一番だと僕は思います。
住宅・不動産・リフォームに関する業界のイメージが少しでもクリーンなものになってほしいものです!