welcome to my blog
04   5月
Filed Under (住宅) by クロリン on 04-05-2015

毎日家事を行うママにとってもホッと安らげる場所はほしいものです。
家事の合間に休憩する時や、家計簿をつける時などに便利な空間を設けたいと思っています。
キッチンカウンターを設けてそこをママのためのスペースとして活用できればいいなと思っています。
キッチンを中心に家事を行うママにとって、キッチンカウンターで休憩したりちょっとした作業をするには最適な場所となると思います。

私はパソコンで仕事をします。
趣味はネットショッピングです。
家事以外の時間は割とパソコンと向き合っている時間が多いです。
キッチンカウンターをパソコンスペースとするのもいいなと思っています。
また朝食など食事をサッと食べる時にもこのキッチンカウンターは便利です。
調理したものをサッと目の前に出すことができ、配膳の手間を省けます。

食事をする家族と会話をしながらキッチンで家事を行うこともできます。
子ども達が成長し、宿題や勉強をするにもこのカウンターを活用させたいとも考えています。
最近では自分の部屋ではなくダイニングやリビングで宿題を行う子ども達が多いと聞きます。
子ども達が集中して勉強できる環境を整えてあげたいものです。
キッチンカウンターで宿題をすれば親は夕飯の準備をしながら、子どもの宿題をチェックできます。
家事の手を止めることなく子どもの宿題のチェックも行えるので忙しい主婦にとっては嬉しい限りです。
子どもも分からないところがあれば目の前の母親に質問できるので安心して勉強をすることができます。
キッチンカウンターはあらゆるシーンで活躍してくれそうです。



09   3月
Filed Under (住宅) by クロリン on 09-03-2015

最近ではオープンキッチンで家族の繋がりを高められる空間造りをする人が大変増えてきました。
オープンキッチンを部屋の中心に持ってきて、遊びに来たお客様に見せられるよう美しいキッチンを求める人が多いのです。
カラフルな人工大理石の天板や流し台、鏡のような輝きが特徴の収納の表面仕上げ材など、最近は家具のように魅せるキッチンが人気を高めているのです。

魅せるキッチンにするといつもきれいなキッチンを保とうとします。
ホームパーティーをする際にもこの魅せるキッチンが話題の中心になりそうです。
また自然と人が集まるキッチンにもなることでしょう。

オープンキッチンはリビングやダイニングとの一体感を高めてくれます。
従来のような壁付けキッチンでは家族と会話をしながら家事をしたり、テレビを見ながら料理をするということはできませんでした。
しかしオープンキッチンにすることで家事をしながら家族と顔を見て会話ができ、テレビを見ながらお皿洗いをすることができます。
家族の繋がりをより強く感じられるキッチンスタイルと言えるでしょう。
壁などで視界を遮るものがなくなることで空間に広がりを感じさせ開放感のあるLDKに仕上げることができます。

オープンキッチンにすることでキッチンの存在を家族みんなが身近に感じるようになるでしょう。
自然とキッチンに集まり、配膳などママのお手伝いを積極的に行うようになると思います。デメリットを挙げるとするならばキッチンが物で溢れていたり、汚れていると目に入る光景はいいものではないということです。

そして音や臭いも気になります。
魅せるキッチンできれいなキッチンを維持したいものです。



29   4月
Filed Under (リフォーム) by クロリン on 29-04-2013

  友人がキッチンのリフォームをしました。

 最初に見積りをしてもらった工務店では、100万円を下らなかったのですが、そのあとに見積りをしてもらったリフォーム会社では、100万円以下でキッチンのリフォームができるとのことでした。

 この違いの差は、実は資材にあります。後者のリフォーム会社というのはアウトレットリフォームを行なっている会社なのです。

 実際に会社を訪れてみると、そこは資材倉庫のようになっています。建材アウトレット品がたくさん格納されています。

 アウトレットといえど、有名メーカー品が並んでいます。アウトレットだからと不良品というわけではありません。アウトレットに回ってくる理由は、長期在庫品であったり、廃盤になった製品、発注ミスにより在庫を抱えてしまったものなどの理由がほとんどです。

 実際に使用する資材を自分の目で確かめて選ぶことができるので、わたしはむしろこのアウトレットリフォームはいいと感じました。なんといっても資材の価格が安いのによい製品を利用することができるというのが、最大のポイントではないでしょうか。

 うちでは思ったより安くついたので、システムキッチンと同じシリーズで造り付けのカップボードとレンジボードを追加オーダーしました。見た目にもすっきりしていて、収納も増えて一石二鳥です。

 キッチンがきれいにリニューアルされると、料理をするのが楽しくなります。汚すのがもったいないので、後片付けの後の日常の掃除もこまめにするようになりました。

 主婦にとってキッチンは大切な場所です。快適であればあるほど、気持ち的にも家事の負荷が減るように感じました。



22   7月
Filed Under (リフォーム) by クロリン on 22-07-2011

キッチンのリフォームを考える時にただ単純にキッチンそのものを入れ替えることだけを考えている方もいると思いますが、
同じキッチンのリフォームを考えるならば、できるだけキッチンスペースを快適な空間にするためにスペース全体のリフォームをすることも考えてみてはどうでしょうか。
キッチンスペースをより快適な空間にすることで暮らしのリズムやテンポも変わるかもしれません。
私が交流のある滋賀のリフォーム会社でもキッチンの入れ替えの相談があった時は、キッチンスペースの見直しも提案するようにしているようです。
例えばキッチンが狭い、また実際の広さよりも狭く感じる場合はシステムキッチンを選ぶ場合に、
扉をツートンカラーの物を選べば空間的な広がりが感じられることもあるようです。
またキッチンスペースを広く見せようと考える時には使用する壁紙なども明るい色の物をを選ぶようにしましょう。
またリフォームをする際にキッチンスペースを広くするために間取りの変更や増築することも考えてみると良いかもしれません。
さらに窓をつけて光を入れることでそれまで暗く狭いと感じている空間のイメージも変わるかもしれません。
キッチン側に小さな窓しか作れなかったり、窓そのものが作れない場合には
リビングやダイニング側から光を入れる工夫やリフォーム前までに照明がなかった場合には照明を増やしたり、明るい壁紙を使うなど工夫を考えてみましょう。
またシステムキッチンなども数種類の形があることは以前にも書きましたが、空間づくりのために最適な形のシステムキッチン選びも重要な事です。
多少予算はオーバーするかもしれませんが、ずっと使い続けること考えると納得のいく快適なに使える空間づくりをしたいものですね。

建材アウトレットのネットショップで安く買えることもあるので探してみてもいいかもしれません。



19   6月
Filed Under (リフォーム) by クロリン on 19-06-2011

キッチンのリフォームを考える際に必要なことは使い勝手も重要な事ですが、
そのキッチンを設置して本当に使いやすい空間になるかどうかということを考えておかなければいけません。
リフォームではなく新築ですが、山形で住宅を建てた友人宅も配置や動線を考えた間取りをよく考えたそうです。

設置するシステムキッチンのレイアウトにもよりますが、一般的にキッチン空間は4.5畳以上が理想的だと言われています。
この4.5畳以上を確保できるか、ギリギリになるのかという所がキッチンそのものが広い空間になるのか狭い空間になるのかということを判断しましょう。
4.5畳以上のキッチンスペースが確保できる場合は、基本的にどのシステムキッチンでも設置可能だと思います。
またシステムキッチンのスペースを考える際に考えておきたいことは誰がキッチンに立つかということです。
基本的にキッチンに立つ主な方は奥様だと思いますが、ご主人やお子さん、
また2世帯同居などの複数の方がキッチンに立つことが多い場合なども良く考えておかなければいけません。
1人で調理することが多い場合には引き出しなどが開けてモノを取り出せるように背面には90センチ前後のスペースが必要になります。
キッチンの横の通路は90センチは確保しておきたい所です。
2人以上で調理する場合は後ろを人が通れるように120センチ、2人で正面を向いてすれ違うためには150センチは必要でしょう。
しかしあまり空間を大きく取り過ぎると動線が長くなり使い勝手が悪くなることもあるので適切なスペースをよく考えてみましょう。
キッチンスペースが4.5畳以下の狭い場合には壁付けタイプのI型、L型キッチンにするとコンパクトに納めることが可能です。
キッチンを壁際に取り付けることでスペースを有効に使えることでしょう。
北見で賃貸アパートに住んでいて、注文住宅で家を建てようと考えている知人もきキッチンスペースの有効利用を考えている所です。



26   4月
Filed Under (リフォーム) by クロリン on 26-04-2011

最近のキッチンのリフォームではダイニングやリビングが見えるように、そして家族でのコミュニケーションをとりながら調理ができるようにと壁付きキッチンから対面式のアイランドキッチンへのリフォームを希望する方が増えてきているようです。
アイランドキッチンとはダイニングの壁際ではなく内側に島のように配置されたキッチンのことです。
アイランドキッチンの場合、収納のい関してはアイランド部分の上部に吊戸棚を設置することで収納量をアップすることが可能です。
リフォーム前に壁際にキッチンがあったレイアウトをアイランドキッチンを設置することによりレイアウトの変更を行う場合は一般的なキッチンの交換するだけのリフォームよりも工事費用はかかってしまいます。
なぜなら床下の配管、また換気用のレンジフードなど喚起用の工事も行わなければいけないからです。
工事費用はかかるもののアイランドキッチンの採用は家族のコミュニケーションの場として対面で調理できるということは奥様の孤立感やまだ目を話すには心配な小さなお子様がいる場合にはオススメのリフォームです。
またホームパーティーを行う際もキッチンを囲んで賑わいの空間もできることでしょう。
前述にもありますがアイランドキッチンを採用してのリフォームは給排水・喚起・電気・ガスに関係する大幅な変更が必要になります。
東京の品川区の不動産会社で戸建ての中古住宅を購入してリフォームを考えている従妹もキッチンにはこだわりたいと言っていましたが、
予算や建材や住宅設備機器、配置・構造的な所でどうなるか分からないと言っていました。
まずはリフォームを依頼する工務店やリフォーム会社に家の工法や躯体に影響が出ないかまた様々な制約がないかなど確認することが一番初めになると思います。



31   3月
Filed Under (リフォーム) by クロリン on 31-03-2011

キッチンのリフォームを考えるときには一番キッチンを使うことになる奥様の意見が仕様や設備機器に強く反映されることになると思います。
キッチンそのもののの入れ替えやちょっとした手直しやリフォームならばその部分だけを考えればいいのですが、
キッチンのを全面的にリフォームする場合はどのよくな空間づくりをするかということをよく考えなければいけません。
昔ながらの住宅の間取りして居間があって台所があってとそれぞれの部屋が独立した状態が多かったのですが、
最近では新築で住宅を建てる方や賃貸物件でも居間とキッチンがつながっているLDKタイプの間取りが増えてきています。
LDKタイプにすることにより家族が同じ空間にいるという状況がつくりやすいのでコミュニケーションの場としても最適だと言えます。
既存の住宅の構造にもよりますが、今までの隣接はしているものの居間と台所が隔てられている状況をリフォームすることによって一つの空間とすることも可能です。
そういった場合にキッチンの位置なども変更して、対面型のキッチンや部屋の中央にキッチンを配置するようなアイランド型キッチンにすることも、
家族の動線やライフスタイルを考えた上で取り入れることができます。
最近のファミリー向け賃貸物件でもキッチンのスペースや配置をできるだけ広く取っている物件が増えているようです。
友人が北海道に転勤になった際に札幌の賃貸マンションを探した時にもキッチンの広さに驚いたそうです。
しかしここで今がえておかなければいけないのは部屋のお手入れや掃除です。
一つの部屋として独立したキッチンの場合は水ハネや油汚れ、煙などはキッチンでとどめることができましたが、
LDKにすると全体に汚れが及ぶことも考えられるのでお掃除やお手入れの手間が増えることだけは覚えておきましょう。



19   3月
Filed Under (リフォーム) by クロリン on 19-03-2011

リフォームと一口に言っても住宅のどの個所に手を入れるのかということが大切なポイントですが奥様にしてみれば水回りのリフォームをしたいという方が多いと思いますし、
水周りのリフォームを行うのであればはできるだけ使いやすいものに変えたいと思うでしょう。
今回は水回りの中からキッチンリフォームに関して話をしてみたいと思います。
キッチンは毎日奥様が使う物ですからどのようなキッチンと入れ替えるのかは基本的に奥様が中心となって話を進めることだと思います。
ではどのようにリフォームを行うかということについてですが、最近ではせっかくのリフォームなので良いキッチンを入れたい、
でもキッチンの場所まで買えるほど大掛かりなリフォームはできないという方の多くがシステムキッチンに入れ替えるといことが多いようです。
現在使用している壁付きキッチンの場所を変えずに新しくシステムキッチンへと交換する場合は給排水や電気工事の手間が最小限で済むので工事費用が抑え安くなります。
またシステムキッチンと言ってもメーカーやキッチンのグレード・機能により価格は大きく変わってきます。
多くの種類があるので調理器具や家電を収める収納や使用する上での動線、使い勝手などをよく考えてシステムキッチンを選んでいきましょう。
シンプルな機能のシステムキッチンであれば20万円代から探すこともできると思います。
大分のリフォーム会社でリフォームしてもらった親戚も安いシステムキッチンをいれることができてよかったと言っていました。
システムキッチンの入れ替えを考えてまだ予算に余裕がある場合はキッチン周辺の壁や床なども色合いや素材などを合わせれば満足度の高いキッチンリフォームとなることでしょう。