welcome to my blog
06   12月
Filed Under (ガレージ, 住宅) by クロリン on 06-12-2016

住まいを新築する時、当たり前のことですが、住まいのことばかり考えます。家族が生活する場ですから、当たり前のことなのですが、自家用車を所有する場合、車庫か駐車スペースを確保しなければなりません。この駐車スペースと住まいの動線というのも大切になってきます。車庫というのは、もちろん、愛車を駐車するところですが、それだけに使うだけではありません。洗車をしたり、掃除をしたり、或いは、バイクや自転車のメンテナンスをしたり、DIYをしたりすることもあります。

私の先輩が住まいを新築した時、1階部分に車庫と玄関を、2階にLDKと水回りを、そして、3階にプライベートルームをつくりました。車庫にはある程度余裕があるので、バイクと自転車を入れました。車庫というと、単に、自家用車やバイクや自転車の保管場所と考えていました。新築当時は、車庫の電気配線のことなど、ほとんど考えませんでした。夜帰宅した時、暗いと困るので、簡単な照明を付けておかなくてはいけないというぐらいのことしか、考えませんでした。

新築後、住まいの居住性について、興味を持ち始めた先輩とご主人は、簡単なDIYをするようになりました。最初は、ベランダでしていましたが、やはり、音の問題もあります。この車庫の自家用車を少し移動させて、スペースを作り、DIYをするスペースを確保しました。工具などの音も軽減されますから、近所迷惑にならずにすみますし、天候にも左右されません。工具の収納棚も作り付けましたので、便利になりました。

ただ、電動工具を使用するには、どうしても、電気配線が必要でした。今は、住まいの玄関ホールのコンセントから、延長コードで、電源を確保しています。それぞれのスペースをどのように使うかをよく考えて、電気配線をしたつもりでしたが、車庫までは、思いつきませんでした。