welcome to my blog
08   10月
Filed Under (住宅) by クロリン on 08-10-2018

欲しい物を欲求のままに買っていると、物が増えすぎて管理できなくなり、自分が押しつぶされてしまいます。買うときに、本当に必要な物かを見極めるためにする事を考えましょう。

★買ったことで不要になる物を探す・・・増やした分だけ減らせば、数は増えません。
★買うものの維持管理費用を考える・・・物は維持管理にお金が掛かります。単に収納しておくだけでも、場所代がかかり、手入れするための道具や時間もかかります。
★収納する場所を考える・・・収納場所が想像できない物は、部屋に溢れます。
★買う物の30年後を考える・・・長く使える物は経済的メリットがあります。買う時には高価でも、長い目でみれば、安物をたくさん買うより経済的に得になるのです。
★捨てるときの事を考える・・・自分で捨てられない物、処分するのに費用がかかる物、捨てる時の環境負荷について考えましょう
★使う場面を想像する・・・限られた用途にしか使えない物は、あまり買わないようにしましょう。複数の用途・場面で使える物を買うと、物が少なくてすみます。
★生きていくために必要なのか、物欲を満たすために欲しいのかを考える・・・生きていく為に絶対に必要ではないけど、欲しいという物については、物欲をコントロールする必要があります。
★自分にとって最上級なものか考える・・・気になるところはあるけれど他になさそう、もっと良い物はあるけれどこの値段なら出せそう、などという基準で選ばず、コレ以上でも以下でもダメで、自分にとってコレが最高かどうか考えます。

物欲は連鎖し、増長し、中毒のように自分が見えなくなります。買うときには慎重に落ち着いて、自分の心と充分に対話しましょう。



Comments are closed.