welcome to my blog
22   6月
Filed Under (住宅) by クロリン on 22-06-2017

今までは住宅への不満というと収納への不満が多かったのですが、最近では収納に力を入れた家造りが積極的に取り入れられることで、最近では住宅への不満でよく聞かれるのがコンセントです。コンセントの位置や数への不満は多く聞かれ、小さなことのようにも感じられるのですが、意外と生活に与える影響が大きいだけにしっかりと計画して設けるようにしておきたいものです。

我が家の新居も住み始めて1年が経過しました。しっかり暮らしをイメージしながら、どこでどのような電化製品を使うかを想定してコンセントを設けたはずなのですが、不満がでてきています。それはキッチンの作業スペース部分にコンセントがないことです。キッチンのコンセントは、造り付けたカップボード内に3か所とコンロの足元部分に設けています。カップボード内に設けたコンセントは非常に便利で満足しているのですが、コンロの足元部分に設けたコンセントの位置に不便さを感じています。電気ケトルやフードプロセッサー、ハンドミキサーなどを使用する際、足元のコンセントではコードが届きにくくこれらのキッチン家電を使いにくいのです。作業スペースのカウンターより高い位置に設けておけばよかったと後悔しています。

逆に設けておいて良かったと実感しているコンセントもあります。それは収納庫内に設けたコンセントです。ここにコンセントがあることで充電式の掃除機を収納している状態で充電も行うことができるのです。コンセントは設け過ぎていて邪魔!と感じることがないだけに余裕を持って設けておくと暮らしやすさや便利さが高まるのです。



Comments are closed.