welcome to my blog

Archive for 4月, 2018

26   4月
Filed Under (住宅) by クロリン on 26-04-2018

住宅の中でリビング・ダイニングは、中心的空間です。家族が長時間過ごしますし、お客様を迎え入れる場所でもあるのです。

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。視線を遮ってしまう壁や間仕切りはできるだけ設けず、空間の繋がりを大事にすることで、広さや開放感が得られ、明るさを通してくれたり、風の通しを良くしてくれたりと空間の快適性を高められるのです。また家族がどこに居ても互いの気配を身近に感じることができ家族のコミュケーションを大切にできたり、子どもにも目が行き届きやすいことから家事と育児の両立のしやすさも高まるのです。

リビングを20帖近く広々と確保し、その一角に4~5帖ほどの広さの和室スペースを設ける家庭も多いです。建具を設けないケースも多く、和室のあり方も以前と比べると大きく変化しています。和室にまで目線が行き届きやすいことで、子どもが和室で遊んだり、昼寝をしても安心して家事が行えてママにとっては助かる間取りではないでしょうか。

リビングを南向きにする間取りは多いです。南側が道路に面している土地はいいのですが、外を歩く通行人から家の中が丸見えになってしまうというデメリットもあります。カーテンを閉め切った生活はできるだけ避けたいものです。そこで思い切って二階にリビングを設けて、外からの視線を気にしなくていいようにするのも一つの方法です。カーテンを開け放ち、明るく開放感溢れるリビングが広がり、眺望を楽しめるリビングにもなります。住まいの要となる空間だけに居心地の良さはしっかりと確保しておきたいものです。