welcome to my blog

Archive for 3月, 2016

03   3月
Filed Under (住宅) by クロリン on 03-03-2016

家は家族みんなにとって住みやすい家でなくては意味がありません。そこで我が家は、家に居る時間は家族の繋がりをしっかりと感じられるようにしたかったのです。子どもが小さい間は、家族が共に過ごす時間が当たり前のように過ぎていきます。しかし子どもが成長すると共に親と過ごす時間よりも、お友達と過ごす時間や一人で過ごす時間が増えていきます。そんな時でも互いの存在を大事に思える家にして、家族のコミュニケーションを大切にできる家にしたかったのです。

そこでまず取り入れたのがリビング階段です。思春期頃を迎えると、親と顔を合わせることも会話をすることも面倒と感じてしまうものです。このような時期、リビング階段でなければ、帰宅して直接に二階の自分の部屋へ行き、いつ帰宅していつ外出したかが分からないという日も出てくるかもしれません。それを避けるためにもリビング階段は、必ず家族の集まるリビングを通らなければ二階の部屋には行けません。家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と作りだされ、コミュニケーションも生まれやすくなるのです。親は子どもの表情を伺えることでちょっとした変化にも気づいてあげられやすくなります。

そしてリビングの一部を吹き抜けにして、階段を上がった先のホールはこの吹き抜けに面して設けました。階段を上がった先のホールはファミリースペースとして利用します。一階だけでなく二階にも家族で集える空間を設けることで家族の繋がりを高められます。また子ども達だけでこの空間を利用しても、吹き抜けを通して互いの存在を身近に感じられます。一階と二階で離れていても吹き抜けのお蔭で、家族の繋がりを感じられるのです。家族の繋がりをいつまでも大切にしたいものです。